許認可

Ⅰ.許認可とは

許認可とは、特定の事業を行うために、警察署・保健所・都道府県などの行政機関に対して手続きを行って得ることができる許可等のことを意味します。許認可を取得せずに営業をすると、刑事罰が科されてしまう、つまり、逮捕されるものもあるため注意が必要です。
許認可申請の手続きは、例えば会社設立をする場合には、その設立登記が終わってから行うものが一般的です。しかし、そもそも許認可が必要かどうか、また、その許認可を取得するために必要な要件やかかる期間などを把握して進めなければ、会社はできたのに営業ができない等の事態にもなりかねません。このようなことを防ぐためにも、事前に許認可についても把握した上で、計画的に進めるとよいでしょう。
なお、ひと言で許認可と言われますが、その許認可を得るための手続きや条件などから、許可・認可・登録・届出・免許の5つに区分することができます。

 

Ⅱ.許認可の5種類

届出

行政機関に届け出ることで営業を行うことができます。

登録

行政機関に届け出て、定められた名簿に登録されることで営業を行うことができます。

認可

行政機関に届け出て、定められた要件を満たすことで営業を行うことができます。

許可

行政機関に届け出て、その審査に合格することで営業を行うことができます。

免許

特定の資格を持っている者が、行政機関に届け出て、定められた要件を満たすことで営業を行うことができます。

 

Ⅲ.許認可が必要な主な事業

<届出>
探偵業、インターネット異性紹介業、理美容業、クリーニング業、マッサージ業、駐車場業等
<登録>
旅行業・旅行代理店業、ペットショップ、貸金業、電気工事業・解体工事業、ガソリンスタンド、倉庫業等、建築士事務所
<認可>
警備業、自動車運転代行業、自動車分解整備業、保育所、私立学校等
<許可>
古物商営業風俗営業飲食店営業、食品製造業、薬局・ドラッグストア、ホテル・旅館、映画・演劇・音楽などの興行場運営業、
病院・診療所、介護事業、建設業産業廃棄物収集運搬、労働者派遣業・職業紹介業、タクシー業、運送業等
<免許>
酒の製造業・販売業・卸業、不動産業等